教育体系について

“挑戦と創造”の志を持って進んでゆく “次世代リーダー”の育成を目指すために。

新入社員研修

学生から社会人への移行を促進することや業界や会社理解はもとより、コンサルティングに不可欠な課題解決能力とプロジェクト推進に必要な他者への働きかけ方などを実践的に学びます。その期間は約1ヶ月。お客様の課題を解決するプロとしての仕事をする土台をしっかり固めます。

MMリーダー制

1年間は先輩社員(MMリーダー)がマンツーマン指導にあたります。(MMとはMan to Manの略称です。)「自分だけのMM」がサポートしますので、「先輩はみんな忙しそうで誰に質問したらいいかわからない」といったことはありません。個別のフォローや業務日報を通じて悩みや疑問に毎日答えていきますので、その日に学んだ仕事はしっかり消化できます。

新入社員定期研修

OJT後も半年後→1年後→2年後→3年後と定期的な教育(研修や面談)を実施します。引続き課題解決力向上を目的とした研修も行ないますが、中堅社員として「どういった仕事をして、自己成長と会社貢献を両立するか」などを考えて自己の振返りと将来目標を立てることで自立した働き方を促進する機会としています。

りらいあカレッジ

ビジネスパーソンとして求められる知識の習得はもちろん、変化・進化し続ける社会やビジネスに柔軟かつスピーディーに対応できる社員養成を目的に、社内大学『りらいあカレッジ』を2009年に設立しました。『りらいあカレッジ』では、事業のグローバル化や経営環境の激しい変化の中へ、目を輝かせ、“挑戦と創造”の志を持って進んでゆく”次世代リーダー”の育成を目指しています。コンテンツはMBA課程をベースに様々な通信教育と集合研修にて構成しています。 昇進など、役割期待の拡大に合わせて新たに必要とされる知見を得られるよう体系立てられています。講師の多くは社員であり、当社社員が講師として自らが勉強する事や、外部のノウハウをカレッジの仲間たちと共に学びに行く事など、様々な場面で切磋琢磨できる環境です。管理職は外部のビジネススクールにおいて、組織マネジメント、事業創造、戦略立案、といった経営能力の向上を目的とした研修を実施。人財育成力の強化、企業力の強化、当社を取り巻く環境認識等、より良い個人形成、会社の成長をもたらす為の教育は継続されます。