りらいあ早わかり

Topics1BPOビジネスのはじまり

企業が成長していく過程で表面化する課題

多くの企業は、新規顧客の開拓、人件費などのコスト最適化といった経営課題を抱えています。「自社の人材をもっと有効活用したい」。それを実現させるため、企業は、宣伝やマーケティング機能をはじめ、経理、人事、購買、開発部門などの自社の業務について、積極的に外部委託を進めていきました。BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と呼ばれるビジネスの始まりです。りらいあコミュニケーションズは、まだ日本にコールセンターという言葉すら定着していなかった時代から、テレマーケティング事業の先駆けとして、企業と消費者の架け橋を担ってきました。

コンサルティングとソリューション提供

外部に専門的な業務を委託することにより、従業員が本来の自社のサービスの開発や提供に集中できるというメリットを持つBPOは、徐々にその領域を広げていきました。りらいあコミュニケーションズは、そこで収集したエンドユーザーの声をマーケティングデータとして分析・活用することで、さまざまなソリューションをお客様企業に提供してきました。同時に、私たちは社会に対して、雇用を生み出し、新たな人材を創出してきました。

りらいあコミュニケーションズがコンサルティングとソリューションサービスを提供することで、
企業はメイン事業への専念が可能となり、
同時に新たな雇用創出も実現できる!

Topics2事業フィールドを問わないという特徴

経営課題を抱える企業はすべての業種の共通課題

数多くのお客様企業の経営課題に取り組み、私たちは「高品質なサービスや現場対応力を実現した組織」を築き上げてきました。幅広い業種に対してサービス提供ができるノウハウが社内に蓄積され、事業規模を拡大していきました。

幅広い顧客層から求められる事業。
だからこそ経験できるフィールドが広く、かつ成長性も期待できる。
同時にりらいあコミュニケーションズにも様々なノウハウが蓄積されていく。

時代の要請に応え続けて拡大

優良な顧客基盤

海外展開

Topics3時代の流れと広がるサービス

市場の変化により新たに求められるもの

インターネットの普及やグローバル化、また、FacebookやTwitter等のソーシャルサービスの拡大により、消費者のライフスタイルは日々変化する時代へ。そうした中、企業は顧客ニーズの多様化に対応すべく、また競争力向上を実現するため、より付加価値の高いサービス提供を求めるようになっています。 りらいあコミュニケーションズは、ビジネスの最前線で鍛え抜かれたノウハウを活かし、時代や市場の変化に対して、より最適に、スピーディーに、幅広い業界・業種のビジネスパートナーへと進化していきます。

創業以来培ったノウハウを活かし、
より差別化のできるサービスを提供するフェーズに突入

「顧客接点」の専門家集団として、
次世代の「しくみビジネス」をカタチに